施術メニュー:歯周病治療|江東区・西大島の歯科・歯医者

栗林歯科クリニック 東京都江東区|診療予約|東京都江東区 スマートフォンでお電話をかけられる方はこちら 0358755241
診療時間

東京都江東区|診療予約|東京都江東区

施術メニュー
歯周病治療
インプラント治療
審美治療
虫歯治療
無痛治療
矯正治療
入れ歯治療
メンテナンス・クリーニング
小児歯科治療
  • 患者様の声 患者様の感想をご紹介
  • 治療事例紹介 気になる治療例をご紹介

歯周病のお悩み歯周病専門医の栗林歯科クリニックが解決します

歯周形成外科コース

あおいデンタルクリニック

院長ブログ 採用情報 江東区時間
歯周病治療

歯周病治療とは?

とにかくしっかり噛めるようにしてほしい 定期的なメンテナンスをしてくれる歯科医を探してる 入れ歯ことを理解してくれる院長がいい

大切な歯を失うの多くは、歯周病(歯槽膿漏)が原因です!

歯周病とは、歯の表面に付く「プラーク(歯垢)」によって起こる、歯の周辺の病気です。
プラークに含まれている「歯周病菌(細菌)」に感染すると、歯肉(歯茎)が腫れたり、出血したり、
症状が進むと歯が抜けてしまいます。成人の8割の方は歯周病に気づいていません。

こんにちわ。院長の栗林です。

歯周病治療は建物に例えるのであれば土台の部分の柱や梁です。
見えない所でありますが、治療した部位や歯自体を長持ちさせるためにはとても重要です。
また審美治療においても実は歯肉の形が出来栄えにとても影響を与えます。

歯周病専門医によるたしかな診断を行うことで歯周病の要因を解明し治療いたします。細菌、かみ合わせ、遺伝、生活習慣病、虫歯、かぶせ物など様々な原因があります。
栗林歯科クリニックでは、最新の再生治療を中心に歯槽骨や歯肉の再生は歯を長持ちさせるため、いろいろな材料・知識・テクニックによりよりよい治療を目指します。

歯周病の段階について

認知症の予防になる

歯周病菌が歯の組織に侵入すると、
歯を支えている土台(歯肉や骨)が破壊され始めます。

肥満の予防になる

歯周ポケットが拡大し、炎症が酷くなります。
歯の根から半分のところまで破壊され、歯がぐらぐらしてきます。

低栄養の予防になる

炎症はピークを迎え、腫れは引きません。
歯の周りの骨がほぼ破壊され、歯は抜ける寸前です。

歯周病検査について

歯周病検査について

歯と歯茎の間にある溝(ポケット)の深さを測定します。
歯茎の腫れや骨の溶け具合、歯石の有無などが分かります。

歯周病菌定量検査:虫歯も歯周病も実は細菌感染症の一種です。
そのため細菌の種類・量を確認する事により、治療の効果をより出す事ができます

歯周病菌チェック

歯科専門CT検査従来の検査で用いられるパノラマ写真は一方向からみた画像になります。
歯の根の向きや骨の状態を、一側面からしか確認できませんでした。
CTを導入することで、問題があると考えられる歯を360度から確認できますので、
より確実な診断が行えます。

再生療法について

栗林歯科クリニックでは、歯周病などでなくなってしまった骨や歯肉の部分を、ある程度回復させる『再生療法』という治療法を
積極的に取り入れております。歯周病の進行で、失った歯槽骨を再生させる再生療法やインプラント治療の時に、
インプラントを植め込むのに必要な骨の量(土台を固める)を回復する再生療法に力を入れております。

予防メンテナンスについて

歯周病の注意点は、初期の段階で自覚症状があまりないことです。
歯茎(歯肉)から出血したり、硬いものを噛んだときに食べ物に血が付いた、歯ぐきが腫れている、口臭がするなどは、歯周病の重要なサイン。初期の段階では、適切なブラッシングや歯みがきで症状を抑えることがたいせつです。
健康な歯を維持するためには、定期的なメインテナンスが必要です。3ヵ月に一度は、歯肉・歯周のチェックとケアをし、土台から健康な美しい歯にしましょう。

院長から一言

治療した歯自体を長持ちさせるためには、歯肉の出来栄えがとても重要です。私は、日本歯周病学会の歯周病専門医です。
専門医として、確かな経験と技術であなたの歯周病を治療いたします。
少しでも気になる方は、まずはご相談ください。
無料でのカウンセリングも行っております。来院お待ちしております。

東京都江東区|診療予約|東京都江東区 〒136-0072 東京都江東区大島1-29-8
診療時間:平日9:00〜13:00
/ 14:30〜19:30
休診日:金曜日/日曜・祝日